Huluで見れるドラマ

グレイズ・アナトミー海外医療現場のドラマ

グレイズ・アナトミーの感想

グレイズ・アナトミーはアメリカではものすごい人気のあったドラマだとか。

 

いやいやそこまでではないでしょとか思いながら
深夜3時までかかってシーズン1を見終わりました。

 

シカゴの総合病院でインターン研修をはじめたメレディス。
彼女の母親は、伝説的な外科医として有名で、病院の誰もが知っている。

 

研修医同士ライバルであり、相談相手であり、
戦場のような病院のなかで、彼らの奮闘は続く。

 

医療という”命”を扱った深刻なテーマのなかに、
青春ドラマのような心の葛藤を織り込むことで、
彼らも悩み生きるひとりの人間であることを描いています。

 

難点を言えば、主役のメレディスがもっとチャーミングだったら、
よりラヴストーリーの部分に説得力が生まれるのだが・・・

 

各話のシナリオは十分に及第点以上。

 

ただひとつ、隠しておきたいオフィスラブのはずなのに、

 

病院内で、患者の前や廊下などで堂々と当事者同士がそのことを話題にしているのは、あまりにもリアリティに欠けると言わざるをえないが。

 

ゴールデングローブ作品賞受賞作品。

 

個人的には・・
メレディスにイラッとする事もしばしば(笑)
嫉妬深いし、しつこいし、クヨクヨするし、
男がいないと人生終わるって感じのヒロインじゃない?
私はキャサリン・ハイグル演じるイジーが好きかな。
才色兼備だからってだけじゃなく、本当に最悪の事態が
あるまでは折れなくて強い感じ。
シーズン6以降はメレディス役のエレンは産休、
イジー役のキャサリンが他の仕事でしばらくエピソードには出ない。

 

人間模様はおもしろい。
主人公達が医者の卵なので、よく失敗する。悪さもする。でもなんだかんだ乗り越える。
仲が悪そうでうまくやってる。
脚本がうまくできてて、どろどろした部分も見せるんだけど、結局仲間に戻ってる。

 

自分としては、ヤンが好きです。
野心を持ってて打算的で人を押しのけて主張したあげくにたいてい裏目に出てる。
イジーもジョージもいいキャラなんだけど最後はグレイがいいとこ持ってってシェパードはいい男で終わる。

 

シーズン1終盤は恋愛がらみが多くてちょっと辟易したけど、
ベイリーがこぶしをきかせてたので楽しく見れました。

 

2013年の時点で日本でのレンタルはシーズン7までありますがHuluでもきっちりシーズン7まで配信しています。

 

このドラマで一番に感じたのは日本人と全く違うってこと。

 

少なくとも自分の周りの人間とは違う。

 

思ったことずばずば言うしひねくれものが多いし、
なんせみんな尻軽(笑)
はっきり言って最初観てて苦痛でした(笑)

 

でも続きが気になって一気に観たおしました。

 

それなりに大事件は起きるし人間模様はおもしろい。
泣けるとこもある
そしてイケメンがいっぱい出てきます(笑)

 

もっと恋愛!!って感じかと思ってたけど、

 

何が面白いって人間関係!!みんな欲望むき出し。良い人ぶらない!!

 

でもちょっとは友達想い。涙もろい。バランス悪い。
見ててイライラする(←登場人物の性格&行動ね)

 

でも、もの凄く人間的。
変な話ちょっと羨ましい。

 

女の子にはおすすめのドラマじゃないでしょうか。

 

結構医療について、また、人として考えさせられる興味深い部分が多いです。

ホーム RSS購読 サイトマップ