月額制ビデオ配信サービスの比較

月額制ビデオ配信サービスの比較

月額制ビデオ配信サービスも続々と色々なサービスが増えています。

 

アメリカから上陸したHuluに続けとばかりに日本の通信キャリア事業もビデオ配信をスタート。

 

AuのKDDIは2012年5月からスタートさせたビデオパス
作品数はやや他社に劣るもの、毎月新作が追加される新鮮さが売り。

 

このビデオパスは月額390円のアプリ取り放題サービス「auスマートパス」と広告連携しています。
他にもNTTDoCoMoがVIDEOストア、ソフトバンクがムービーLIFEと各キャリアも攻勢を繰り広げています。

 

いったいどれがいいのか?

サービス名

ビデオパス

(KDDI)

VIDEOストア

NTT ドコモ

ムービーLIFE・

iPhone iPad ソフトバンク

Hulu

月額料金 590円 525円 500円 933円
アンドロイドスマホ

×

アンドロイドタブレット

×

iPhone 検討中

×

iPad 検討中

×

パソコン(Mac・Windows)

×

×

セットトップボックス

SmartTV BOXに
対応予定

×

×

NTT西日本
光BOX+

テレビ視聴 HDMI接続 HDMI接続

×

Hulu対応テレビ
PS3・Xbox360・Wii

提供方式 ストリーミング

ストリーミング
ダウンロード

ストリーミング
ダウンロード

ストリーミング
作品数(タイトル・本数)

約1,300タイトル
約4000本

約5,000タイトル
約2万本

約1,000本 約9,000本

 

評価

やはり圧倒的にHuluの利便性が優勢ですね。

 

すべてのデバイスで見れる、タイトルも多い。
月額料金は高くても、これなら他よりも魅力的です。

 

タイトルは確かにドコモが圧倒的に多いです。
でも見れるデバイスが少ない。

 

自社へと顧客の囲い込みをすることで、こういった動画配信サービスなどを国内外へと育てられない日本企業のダメなところが出ている気がします。
ドコモのビデオストアはPowerd by BeeTV。
あの広告に思い切りお金をかけ、大コケしたサービスです。

 

あとはNOTTV
サービス展開最初から繋がらないと不評の嵐でした。

 

ソフトバンクとDocomoは、動画配信をただのケータイサービスとしかとらえていない気がします。

 

Huluはアメリカの会社なので、そういったしがらみがないからいいんでしょうね。
ビデオ配信サービスでもぶっちぎりでオススメなのは、やはりHuluです。

 

>Huluトップ

週間】

無料でお試しできます。
制限なしの見放題ならHulu!
【完全無料で週間視聴可能!Huluのお試しはこちら】

ホーム RSS購読 サイトマップ