Huluを快適に見れるネットの回線速度は?

Huluを快適に見れるネットの回線速度は?

Huluを快適に見れる回線速度

HuluはDVDやテレビとは違ってネットで配信する映画サービスです。
そのため条件としては「ネットに繋がる機器」があるということ。

 

つまりHuluを見られる接続機器がネットに繋がっていることが条件となります。

 

スマートフォンからもiPadからも見られますが、それらがネットに繋がっていないといけないわけです。

 

快適に見るならWifiで見たい

Huluの映画の容量はだいたい1.5Gくらいだと思います。
もしかして圧縮が良ければ1Gくらいかな?

 

これをずっとバッファリング(ダウンロードしながら再生すること)で見ようとするのであれば、
1Mは欲しいという速度です。

 

それ以下であれば、Huluが途切れます。

 

でもHuluの良いところとして、映像が途切れないということがあります。
それはなぜか?

 

ネットの回線速度が遅くなればHuluは映像を荒くしてダウンロードをなんとか続けようとするからです。

 

スマートフォンの3GでもHuluが途切れずに見れるのは、これが理由です。
画面が荒くなるのは、ネットに接続するスピードが遅くなってダウンロードをしようとするからです。

 

荒くなっても途切れずに見れるほうがストレスはたまりませんよね。

 

LTEだと快適

スマートフォンでもLTEであれば快適にHuluを見られます。

 

LTEの速度は最大で20Mほど出ます。
これは下手したら自宅のWifiよりも速いスピードです。

 

スマートフォンで見たいのであればLTEのスマホで見ることをおすすめします。

 

LTEの弱点

現在のスマホのLTEは凄いスピードでネットに接続できます。
ただしほとんどのLTE対応機器は、帯域制限といって7Gほど使うとその月は128kbpsまで制限がかかってしまいます。

 

その理由としてまだLTE基地局が増えていないため、利用者が偏って利用しまくるのを抑えるためです。
128kbpsだとHuluは荒い画質でしか見られません。

 

どうしても外でHuluを快適に見たいのであればWifi。
もしくは別でモバイルルータを持つといいです。

 

ちなみにモバイルルータも帯域制限があるキャリアがあります。
Huluを快適に見たいのであれば帯域制限がないWiMAXがいいです。

 

新幹線では少し難しい

こないだちょっと出かけるときに、新幹線でHuluを見ようとしましたが、たまに切れました。
その原因としてはトンネル。
トンネルが長いとやはり携帯の電波が届かなくなるようです。

ホーム RSS購読 サイトマップ