Huluの特徴

Huluってどういうサービス?

Huluはアメリカのカリフォルニア州にある動画配信サービス会社が提供している映画配信サービスです。

 

2011年の8月から日本に上陸し、話題になりました。
当時は月額1,480円の料金だったんですが、それから値下げをして月額933円になりました。

 

映画が9,000本という余裕もあり、さらに1ヶ月の利用料金が1,000円を切るというくらいなので、いろいろな動画配信サービスを抜いてぶっちぎりで人気があります。

 

アメリカでの人気も凄まじく、動画配信サービスへのアクセスはyoutubeに次いで2位です。

 

特徴は何といっても色々なデバイス(機器)で映画が見れるということ。

 

iPhoneやiPad、Androidの携帯、PS3、Xboxなど様々な機器で再生することができます。

 

ネットにさえ接続できていればいつでもどこでも見れるというのは、これからの映画配信の常識を覆していくのではないでしょうか。

 

Huluが日本でも人気急上昇中!

私がHuluでしか映画を見なくなった理由

 

新作やドラマも続々追加

Huluをおすすめする理由として、新作やドラマが追加される頻度が高いということ。
ひとつのドラマを見ている間に、いつのまにか違うドラマが配信されたり、映画が追加されたりします。

 

追加されたドラマはHuluのトップページ、もしくは新着から探すことができます。

見逃したくない映画はマイリストへ
「あ、この映画を見たかったけど、いま違うドラマを見てるし・・・」
そういうときはマイリストへと登録しておきましょう。

 

ドラマが見終わったあと、違う映画を探す必要はなく、マイリストから見たかった映画やドラマをどんどん見ることができます。

 

Huluは恐ろしいほどコストパフォーマンスが高い

今までは海外ドラマを見たいと思ったら、レンタル店にDVDを借りに行かなければいけませんでした。
でもHuluであれば、家を出ることなくどんどん続きを見ることができます。

 

実際にゴシップガールを見ているんですが、シーズン1とシーズン2で43話あります。
1日に2話見ても21日で終わります。

 

どんなに安いレンタル店でもレンタル料金は100円。
43話も見たら、4300円もかかります。

 

でもHuluなら933円。
かなり元が取れてるって実感できました。

 

これが家族で見る場合であれば、もっと元が取れるでしょう。
これだけ見れて933円は相当安いです。

 

DVDと違って延滞金が発生しないのも安心。
いつ見てもいいし、見なくてもいい。

 

レンタルした時よりも高い延滞金を払うくらい損することはありません。

 

HuluはDVDをレンタルしてくるよりも、確実にお得で見やすい動画配信サービスだと実感しました。

ホーム RSS購読 サイトマップ